ペットが亡くなった時に飼い主がとるべき行動

愛しいペットとの別れを乗り越えるために

きちんとお別れしましょう

毎日ずっと一緒に暮らしてきた大好きなペットが亡くなってしまったとき、激しく落ち込んでしまい、何も手につかなくなってしまうという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、悲しみに暮れてばかりいては無くなったペットも心配で安らかに眠りにつくことはできないし、実はやらなくてはいけないことがたくさんあるんです。
それはとても事務的で、「なぜ今こんな事をしなくてはいけないのか…悲しみに浸らせて」と思うようなことが多いです。
実はその行動こそが亡きペットの安らかな眠りを確保し、飼い主さんの悲しみをいやすものなんですよ。
筆者も親しい人を亡くした一人で、その後に待ち受けていた事務処理のようなやることによって助けられた一人です。
もくもくと、遣らなければならない事をこなすことによって平静を保ち、状況を受け入れ「こちらは元気で頑張ってるから心配しないでゆっくり休んで」という気持ちに変える事が出来ました。
愛してやまないペットも同じです。
大好きな飼い主さんが毎日泣きぬれていたら心配で心配で、それにやらなければならない事を怠ると、その後に大変なことになりますのでご注意ください。
亡くなった動物の種類によってもやらなければならない事は違ってきます。
怠ることによってそれなりの金額の請求書が突然送られてきてしまったりもしますのでご注意ください。
何より、飼い主さんの心が壊れてしまうペットロスという状態から逃れる事にもなります。
ペットロスがひどくなるとうつ病を併発する恐れもありますので実はとても大変な事なんです。
大好きな飼い主さんがそんなことになってしまっていたら、亡くなったペットだって悲しくてゆっくり眠ることなんてできないでしょう。

ペットが亡くなった時にすべき事

親しい方を亡くされたことのある方ならよくお分かりかと思いますが、果てしない喪失感に途方に暮れてしまいます。 いつも一緒にいたペットとの別れも同じです。家族同様の暮らしてきたのですからしっかりお別れをしてあげてください。 その行為が飼い主さんの心の整理をつける時間になります。

送る時の心構え

心構えなんて、生前の元気な時からできるわけがありませんよね。 しかし、命あるもの必ずいつかは亡くなります。 その時にどういった行動をとるのかで亡くなったペットの気持ちも変わるでしょうし、飼い主さんの心の健康にも関係してくることです。別れがあることは理解して飼い主になりましょう。

しっかりした別れの後は

しっかり別れの儀式を済ませた後は、亡きペットを思い出せるようにお墓や仏壇のようなものを用意してあげましょう。 これがあることによって、気持ちの整理がつき新しい家族を受け入れる準備に繋がります。 その方法は、人が亡くなった時のようにきっちりしたものでなくて大丈夫です。