愛しいペットとの別れを乗り越えるために

>

ペットが亡くなった時にすべき事

送る者がすべき事

実は一番大切なのが送る側の人の気持ちや行動だという事をご存じでしょうか?
大好きだったからこそ安らかに眠ってほしいと願うのは当然です。
その為にできる事をしましょう。
まずは、少しの時間思いきり泣きましょう。少しの時間思いきり泣いたら、亡くなったペットが大好きだった所(いつも必ずそこで丸まって隠れていたお気に入りの場所や、眠りについていた部屋等)へ連れて行ってあげてください。
そして、ペットがいつも寝ていたベッドに寝かせてあげてください。その時、大好きだったおもちゃなどを近くにおいてあげるのもいいですし、好きだったお菓子と、お水を備えてあげるのも良いです。
最後にゆっくり安心して眠りに着ける環境を整えてあげましょう。
その時の注意点なのですが(これはとても現実的ですが)人間より小さい動物の死後硬直は早く、すぐに固まってしまいますので棺のサイズに合うように手足を身体に近づけてあげてください。

ご遺体の安置方法

ペットが亡くなってすぐにしなければならないことが、安置するための準備です。
亡くなってしまうと少しの水分ですぐに腐敗が進んでしまいます。
その為すぐに優しく目や口を閉じ、周りを優しく拭いてあげてください。
次に体の毛並みを整えながらこちらも硬く絞ったタオルで優しく拭いてあげましょう。
その時に、校門周辺、耳周辺も水分も取ってあげます。
身体をきれいに清めたらベッドや段ボールに寝かせてあげます。その時、亡くなってしばらくしてからでも体液が出てしまうことがありますのでペットシートやビニールをタオルの下に敷いておいてください。
次に身体を冷やしてあげます。
これは人が一緒にいて寒いと感じる程度の室温であれば大丈夫ですが、温かい時期などでしたら家庭用の保冷材や氷を身体に沿わせてあげます。
その時も、水分がついてしまわないようにタオルで覆ってからお腹や頭を重点的に冷やしてあげてください。


この記事をシェアする